米国ペイ・ガバナンスの最新ニュースレター

米国ペイ・ガバナンスの最新ニュースレター「報酬委員会の最新議題とは」のサマリーです。詳細は、英語版を参考ください。

1 インセンティブプランにおけるNon GAAPへの調整 2 業績下降時における最低・最高業績の設定 3 外貨換算の調整... 4 長期インセンティブにおける相対TSRの再考 5 3年の業績評価期間の再検討 6 メガグラントの減少 7 パフォーマンスシェアの構成比率 8 報酬委員会による評価修正 9 規制緩和を想定した金融機関におけるインセンティブ制度 10アクティビストによる報酬制度へのプレッシャー

http://paygovernance.com/wp-content/uploads/2017/04/VP78-What-You-Are-Likely-to-Hear-in-the-Board-Room_042617-1.pdf


最新記事

すべて表示

コロナウイルスの影響を踏まえた役員報酬の調整(4月16日付)

コロナウイルス問題をきっかけに、世界の株式市場においては大幅な下落が続いています。 本ニュースレターは、このような状況を踏まえて役員報酬について報酬委員会がどのような対応を検討すべきかについてまとめています。 今回のテーマは、影響を踏まえた役員報酬の削減に関する調査結果です。本調査結果は、4月21日日経本誌・朝刊に紹介されたものです。

不安定な経済環境における株式報酬付与サイズの決定(4月7日付(翻訳版))

コロナウイルス問題をきっかけに、世界の株式市場においては大幅な下落が続いています。 本ニュースレターは、このような状況を踏まえて役員報酬について報酬委員会がどのような対応を検討すべきかについてまとめています。 今回のテーマは、株価の大幅な下落時における株式報酬付与サイズの検討の論点について紹介しています。

現下の危機をふまえた役員報酬評価のためのガイディング・プリンシプル

コロナウイルス問題をきっかけに、世界の株式市場においては大幅な下落が続いています。 本ニュースレターは、このような状況を踏まえて役員報酬について報酬委員会がどのような対応を検討すべきかについてまとめています。 今回のテーマは、報酬に関するアクションに備えペイ・ガバナンスが推奨する役員報酬制度評価のためのガイディング・プリンシプルの策定(日本語翻訳版)について紹介しています。