株価低迷期における株式報酬付与に関わる選択肢(2016年1月)再掲

更新日:7月27日

コロナウイルス問題をきっかけに、世界の株式市場においては大幅な下落が続いています。


本ニュースレターは、2016年1月に公表されたもので、いわゆるチャイナショック・ギリシャ危機により株式市場が下落傾向にあった際に、2008年金融危機時にどのような対応が取られていたかを検証し、今期以降の株式報酬付与についてどのような対応を取るべきかについてまとめたものです。


​各企業の報酬委員会ではさまざまな検討が開始されていますが、本ニュースレターを参考頂けると幸いです。

VP50_2016
.pdf
Download PDF • 467KB

最新記事

すべて表示

コロナウイルスの影響を踏まえた役員報酬の調整(4月16日付)

コロナウイルス問題をきっかけに、世界の株式市場においては大幅な下落が続いています。 本ニュースレターは、このような状況を踏まえて役員報酬について報酬委員会がどのような対応を検討すべきかについてまとめています。 今回のテーマは、影響を踏まえた役員報酬の削減に関する調査結果です。本調査結果は、4月21日日経本誌・朝刊に紹介されたものです。

不安定な経済環境における株式報酬付与サイズの決定(4月7日付(翻訳版))

コロナウイルス問題をきっかけに、世界の株式市場においては大幅な下落が続いています。 本ニュースレターは、このような状況を踏まえて役員報酬について報酬委員会がどのような対応を検討すべきかについてまとめています。 今回のテーマは、株価の大幅な下落時における株式報酬付与サイズの検討の論点について紹介しています。

現下の危機をふまえた役員報酬評価のためのガイディング・プリンシプル

コロナウイルス問題をきっかけに、世界の株式市場においては大幅な下落が続いています。 本ニュースレターは、このような状況を踏まえて役員報酬について報酬委員会がどのような対応を検討すべきかについてまとめています。 今回のテーマは、報酬に関するアクションに備えペイ・ガバナンスが推奨する役員報酬制度評価のためのガイディング・プリンシプルの策定(日本語翻訳版)について紹介しています。